目の下のクマ 病気 鉄分

目の下のクマから考える病気は鉄分不足に注意

目のクマから考える病気

目の下のクマでお悩みの方は多いと思いますが、その原因として思いつくものと言えば、睡眠不足が挙げられます。

 

普段は目の下にクマがない人でも一時的に睡眠不足に陥るとクマができてしまいますが、、この場合ですと睡眠不足が解消されれば、クマも消え、表情も明るくなるはずですよね。

 

それにも関わらず、睡眠の不調があるなしに関わらず、慢性的に目の下にクマがある人も中にはいます。

 

このような場合、その原因にはどのようなものがあるのでしょうか。何か病気が隠されているサインなのではないかと気にもなりますよね。

 

慢性的に目の下にクマができる場合は、考えられる病気がいくつかあります。

 

まず、目の下のクマはその周辺の血行が悪くなったことにより起こるので、いちばん最初に考えられるのは貧血

 

鉄分不足によって起こる貧血で目の周りの血行が悪くなった結果の症状となるのですね。

 

 

貧血はどちらかというと女性により多い症状ですが、女性特有のクマの原因となる病気のひとつに甲状腺機能亢進症があります。

 

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって引き起こされる病気であり、こちらの病気が原因出会った場合は、クマに加えて眼球が飛び出すなどの症状があらわれます。

 

 

また血行不良が促進される原因として、腎臓機能の低下が考えられていますよ。

 

 

血液や体内の老廃物をろ過する役割を担っている腎臓の機能が低下してしまうと、結果として血行が悪くなり、目の下にクマと作ってしまいます。

 

低下した腎臓の機能を改善するためには塩分を控えたり、アルコールを控えたりする必要があります。

 

睡眠不足が続いたわけでもないのに目の下のクマが気になった時には、上記の病気の症状のあらわれかもしれません。

 

食生活に気をつけるとともに生活習慣などを見直すことによって、慢性的な目の下のクマも徐々に改善されていきます。

 

 

いちばんの原因は血行不良であるので、鉄分を意識して摂取し、体を冷やさないようにすることでより早く改善させることができるでしょう。

 

しっかりと対策をすれば病気のサインを見逃さずに済みますし、アイキララの効果もより浸透しやすくなるはずですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ