ビタミンC誘導体 特徴

ビタミンC誘導体の特徴

ビタミンC誘導体の特徴

ビタミンCはそのまま皮膚に塗っても、ビタミンCは脆くて壊れやすい性質があるので肌へは浸透しません。

 

だからビタミンCの成分を安定させて浸透率を高めたモノが必要になるのですが、その成分をビタミンC誘導体と言います。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透させた後でビタミンCに変化するといった性質があります。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、両方の性質を持つモノがありそれぞれ特徴が異なるのですが、水溶性のモノは肌に吸収されやすいといった特徴があり化粧水、美容液の成分として配合されているのですね。

 

 

油溶性のモノは元々水溶性のビタミンCに油を結合させることで油溶性にしたモノで、要するに水と油を混ぜた状態でクリームなどに使用されています。

 

両方の性質を持つモノは親水性、親油性があってより浸透力がアップしていますよ。

ビタミンC誘導体に期待できる効果とは

ビタミンC誘導体は抗酸化作用、新陳代謝を促進する、既に出来てしまったメラニンを還元化し色素沈着を予防する効果、皮脂分泌を調整する働き、肌を滑らかにする作用といった多くの美容効果が期待できます。

 

あと分子をナノ化し浸透率を高めたタイプのビタミンC誘導体は真皮のコラーゲンの生成に働きかける効果があるので、シミやシワ、肌のたるみといった肌トラブル、老化の症状を改善することが出来るとされていますよ。

 

それなら肌にとってはいい成分なので、ビタミンC誘導体は誰でもたっぷりと使用しても問題ないかと言えば残念ながらそうではありません。

 

実はビタミンC誘導体を使用する場合には注意が必要で、皮脂を調整する働きがあるのから乾燥肌の人が使用すると皮脂の分泌量が減少し肌が乾燥してしまいバリア機能が低下するので敏感肌になってしまう恐れがあります。

 

だから自分の肌タイプをきちんと知った上でビタミンC誘導体を使用する必要があります。

 

もちろんビタミンC誘導体以外の配合成分も確認した上で化粧品を選択しスキンケアをすることが重要になりますので、アイキララのような他の成分も充実しているものをおすすめしますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ